十二月の祝日について

十二月の祝日の由来

天皇誕生日:12月23日「天皇の誕生日を祝う」
施行日:1989年2月17日


平成1年から国民の祝日となった、今上天皇の誕生日。

ちなみに、祝日の中で「建国記念の日」だけは昭和32年に議会に提案されたものの、紀元節は神話によって決められたもので史実ではない、という理由で非難・反対も多く、制定までに10年かかっている。
posted by zatugaku mametatou at 22:43 | 祝日

十一月の祝日について

十一月の祝日の由来

文化の日:11月3日「自由と平和を愛し、文化をすすめる」
施行日:1948年7月20日


「文化の日」になる前は昭和2年に制定された「明治節」は明治天皇の誕生日で、その前は明治時代の天長節という祝日だった。
「文化の日」は昭和21年制定の戦争放棄宣言を記念して定められたもので、「明治節」との関連性は薄い。


勤労感謝の日:11月23日「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
施行日:1948年7月20日


戦前までは新嘗祭(にいなめさい)という宮中行事で、明治以降、祭日として定着していた。
新たに採用された新暦、1873年11月の2回目の卯の日であった23日がそのまま固定されただけで11月23日に深い意味はない。
posted by zatugaku mametatou at 22:28 | 祝日

十月の祝日について

十月の祝日の由来

体育の日:10月第2月曜「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」
施行日:2000年1月1日


1964(昭和39)年10月10日の東京オリンピック開幕にちなみ、1966年(昭和41年)に建国記念の日、敬老の日と同じく、国民の祝日となった。
2000年(平成12年)から10月第2月曜日となったが、その前は10月10日だった。
posted by zatugaku mametatou at 21:50 | 祝日

九月の祝日について

九月の祝日の由来

敬老の日:9月第3月曜日「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」
施行日:2003年1月1日


老人を敬い長寿を祝う日として、1966年(昭和41年)6月25日に新たに加わった祝日。
祝日法の改正により2003年から9月第3月曜日となった。 元々は9月15日で、「としよりの日」→「老人の日」→「敬老の人」と改められてきた。


秋分の日:秋分日「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」
施行日:1948年7月20日


秋の彼岸の中日(ちゅうにち)にあたり、戦前は「秋季皇霊祭」と呼ばれ、春分と同じく皇霊祭が行われる祭日だった。
地球が秋分点を通過する日(秋分日)を祝日とするため、決まった日付はないが、たいてい9月22日か9月23日のどちらかとなる。
posted by zatugaku mametatou at 20:57 | 祝日

七月の祝日について

七月の祝日の由来

海の日:7月第3月曜日「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
施行日:2001年6月22日


1876年、明治天皇の東北地方巡幸の際に、青森から船に乗り、函館を経由して横浜に入港したことに因み、「海の記念日」となった。
その後、1996年から国民の祝日「海の日」となり、当時は7月20日であったが祝日法の改正により2003年から7月第3月曜日となった。
posted by zatugaku mametatou at 21:29 | 祝日

五月の祝日について

五月の祝日の由来

憲法記念日:5月3日「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」
施行日:1948年7月20日


戦後の新しい憲法、日本国憲法は1946年11月3日に公布され、その半年後の1947年5月3日に施行された。その日を記念して1948年に新しく施行された祝日法によって憲法記念日が制定された。


みどりの日:5月4日「自然に親しむとともに、その恩恵に感謝し、豊かな心を育む」
施行日:2007年以降「国民の休日」から「みどりの日」に変更


4月29日は昭和時代の「天皇誕生日」だったが、1989年(昭和64年)1月7日、昭和天皇崩御により祝日として「みどりの日」として残された。
2007年以降からは4月29日に「昭和の日」が加えられ、「みどりの日」は5月4日に移動した。


子供の日:5月5日「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
施行日:1948年7月20日


元日と同様、養老二年の「雑令」で節日にあげられている古い祝日「端午の節句」からくる。
古来は、男子の健全な成長を祝う日だったが、今では「こどもの日」として広く知られるようになった。



posted by zatugaku mametatou at 21:01 | 祝日

四月の祝日について

四月の祝日の由来

昭和の日:4月29日「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」
施行日:2007年1月1日

2007年から日本国の国民の祝日に加えられた祝日。
昭和時代の「天皇誕生日」だったが、昭和天皇崩御により祝日として残された。
1948〜1988年の間は「天皇誕生日」、1989〜2006年では「みどりの日」、2007年から「昭和の日」となった。
posted by zatugaku mametatou at 21:43 | 祝日

三月の祝日について

三月の祝日の由来

春分の日:春分日「自然をたたえ、生物をいつくしむ」
施行日:1948年7月20日


仏教の彼岸の中日(ちゅうにち)にあたり、天皇が歴代皇族の霊を祭る「春季皇霊祭」として祭日に制定された。

春分の日は太陽が春分点を通過する日(春分日)を天文計算によって求められ、官報に公示される事によって初めて正式に定められる。
たいてい3月20日か3月21日のどちらかになる。
posted by zatugaku mametatou at 21:13 | 祝日

二月の祝日について

二月の祝日の由来

建国記念の日:2月11日「建国をしのび、国を愛する心を養う」
施行日:1966年6月25日

最古の歴史書「古事記」、「日本書紀」による一代目の天皇、神武天皇即位の日として明治5年(1872)に制定された、「紀元節」の日であったが、戦後に廃止され、昭和42年に復活した。

posted by zatugaku mametatou at 21:00 | 祝日

一月の祝日について

一月の祝日の由来

元日:1月 1日「年の初めを祝う」 施行日:1948年7月20日

宮中では四方を拝して豊作と無病息災を祈る、四方拝(しほうはい)が一年最初の儀式として行われる。
養老二年(718)の「雑令」ですでに節日になっている。



成人の日:1月第2月曜日
「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」
施行日:2000年 1月 1日


成人を祝う風習は平安時代からあったが、祝日として定められたのは
昭和23年。
現在は1月第2月曜日だが、その前は1948年7月20日に施行された1月15日だった。
posted by zatugaku mametatou at 20:32 | 祝日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。