火事の夢

火事の夢を見ると金が残る
火事を見ている夢は金が残る前兆で縁起が良いとされる。

これは火事になるとすべてが灰になるが、金属製のものは燃えずに残ることから、金が残るという連想が生まれた。

残る以外にも商売繁盛など全体的に幸運なことが起こる前触れとして解釈されることも多い。

自分の家が燃える夢を見た場合、家庭内でなにか良いことが起こる。
台所が燃える夢の場合、なにか家庭内で悪いことが起こる。など、なにが燃えるかによって変わる。
posted by zatugaku mametatou at 21:17 | 縁起
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。