忌日と年忌2

亡くなった月の命日を祥月命日というが、亡くなってから満一年になると一周忌(一回忌)となり、法要を行う。

何年かに一度行う法要は次のとおり


一周忌(一回忌)=満1年

三周忌(三回忌)=満2年

七回忌=満6年

十三回忌=満12年

十七回忌=満16年

二十三回忌=満22年

二十七回忌=満26年

三十三回忌=満32年

三十七回忌=満36年

五十回忌=満49年

百回忌=満99年


一周忌のみ満一年後で、三回忌以降は亡くなった年を含めた数え方(数え年)で数える。

百回忌以降は「遠忌(おんき)」という50年ごとに法事を行う。

仏壇は設ける場合、49日までに揃える。古い仏壇を新しいものに替える際は忌日や年忌ではなく、49日の忌明け後に初めて迎える新盆(にいぼん)にするのが一般的である。

年忌法要は経費、労力の負担が大きいため、十三回忌まではよく行われ、それ以降は幾つかを省略し三十三回忌で終わらせるといったパターンが多い。
仏壇を設けるにしても、葬式などで予算をオーバーしてしまった場合、一周忌を目安に購入するなど、絶対に49日までに揃えなければならないということはない。

年忌は祥月命日に行うのが最良だが多くの人が参加できるようにするため、土曜、日曜、祝日にずらして行われることが多い。日にちをずらすなら早い日付にずらすのが一般的。
posted by zatugaku mametatou at 22:24 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。