年忌と忌日1

年忌(ねんき)とは、日本の仏教において故人の冥福を祈るために繰り返して行われる法要。

忌日(きにち)とは、その人が死んだ日のことで、命日(めいにち)と同じ。


○お逮夜(おたいや)=初七日の前夜

○初七日(しょなぬか)=亡くなった日を含めて数えて7日目

○二七日(ふたなぬか)=14日目

○三七日(みなぬか)=21日目

○四七日(よなぬか)=28日目

○月忌(がっき)=1ヶ月目の命日

○五七日(いつなぬか)=35日目

○六七日(むなぬか)=42日目

○七七日(なななぬか)=49日目(しじゅうくにち)

○百か日=100日目

○祥月命日(しょうつきめいにち)=亡くなった月の命日



49日目で死者の霊が家を離れるといわれ、忌日法要が終わり、忌明けとなる。49日間は中陰(ちゅういん)と呼ばれ、49日目の七七日のことを満中陰(まんちゅういん)と呼ぶ。

これらのうち、初七日、五七日、七七日など、重要な日には故人の知人や親類を呼び、菩提寺(菩提寺)に行くか、または僧侶を招いて法要を行う。

近年では五七日を家族だけで済ませたりすることもある。

祥月命日とは故人が亡くなった年毎の同月同日の命日のことで、通常の命日はこの祥月命日の事を指す。
この日に行う法要を「年忌法要(ねんきほうよう)」または「法事(ほうじ)」という。

月忌とは月毎の亡くなった日と同日のことで、この日に行う法要を「月忌法要(がっきほうよう)」または「月参り(つきまいり)」といいます。つまり月命日=月忌(がっき)。
posted by zatugaku mametatou at 22:05 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。