年祝い

年祝い」の習慣は長寿の祝いとして奈良時代頃から行われてきた。

「還暦」から「白寿」まで、次のように行われている。


(年齢は数え年)
還暦=61歳(かんれき)
陰陽五行説で、60年で十二支と十支の組み合わせが一巡し、同じ干支になることからきており、元へ還るという意味。

古希=70歳(こき)
中国の唐の詩人、杜甫の「人生七十古来稀なり」からとったもの。

喜寿=77歳(きじゅ)
「喜」という字の草書体を書くと「十七」の上に「七」が付いたように「七十七」と読めることから、この呼称が生まれた。「喜の字の齢(きのじのよわい)」、「喜の字の祝い」とも呼ばれる。

傘寿=80歳(さんじゅ)
「傘」の字の中に「八十」が含まれていることから、この呼称が生まれた。 傘の略字「仐」からともいわれている。

半寿=81歳(はんじゅ)
「半」という字を分解すると「八十一」と読めることから由来する。

米寿=88歳(べいじゅ)
米という字を分解すると「八十八」と読めることから由来する。

卒寿=90歳(そつじゅ)
「卒」という字の簡略字「卆」を分解すると九十と読めることに由来する。

白寿=99歳(はくじゅ)
「百」という字から一をとると「白」になることから由来した、あと一歳で百歳になるという意味。


最初は40歳の「初賀」から10歳ごとに祝われていたが、中世以降は42、61、70、77、88歳を祝うようになった。

昔は平均寿命が短く、70歳が稀であった。最近では60歳が長寿という感覚がないため、還暦の祝いをしない人が増えている。
近年では平均寿命が延びているため、100歳以降も年祝いがあり

上寿=100歳(じゅうじゅ)

茶寿=108歳(ちゃじゅ)

皇寿=111歳(こうじゅ)

大還暦=120歳(だいかんれき)

などがある。
posted by zatugaku mametatou at 21:05 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。