花暦

花は季節の象徴であり、各月に咲く花を列挙すれば「花暦(はなごよみ)」ができる。

1月=寒椿、梅 (カンツバキ、ウメ)
2月=椿、梅、水仙、金盞花 (ツバキ、ウメ、セイセン、キンセンカ)
3月=蒲公英、沈丁花、木瓜 (タンポポ、ジンチョウゲ、ボケ)
4月=桜、木蓮、山吹 (サクラ、モクレン、ヤマブキ)
5月=牡丹、藤、躑躅、桐 (ボタン、フジ、ツツジ、キリ)
6月=皐月、花菖蒲、紫陽花 (サツキ、ハナショウブ、アジサイ)
7月=睡蓮、山百合、向日葵 (スイレン、ヤマユリ、ヒマワリ)
8月=松葉牡丹、百日紅、桔梗 (マツバボタン、サルスベリ、キキョウ)
9月=萩、薄、彼岸花 (ハギ、ススキ、ヒガンバナ)
10月=秋桜、竜胆、菊 (コスモス、リンドウ、キク)
11月=山茶花、枇杷、艶葉蕗 (サザンカ、ビワ、ツワブキ)
12月=冬桜 (フユザクラ)


などがあげられるが、地域によって差があるため、このかぎりではない。
posted by zatugaku mametatou at 13:00 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。