自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは

自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律で、自動車・原動機付自転車の所有者が必ず加入しなければならない損害保険のこと。俗に強制保険と呼ばれている。

自賠責保険は交通事故が発生した場合の被害者の補償の確保を目的としており、対人賠償に限られている。対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、又は歩行者などのことをいい、あくまで他人の傷害・死亡を補償する保険なので、自分の怪我は補償外であり、自分や相手の車の修理代も出ない。

場合によっては自賠責保険の支払い限度額を超え、十分な補償ができないこともある。その超過分を補償するためと、自分の怪我や自分の車、相手の車の修理代などを賠償するために任意の自動車保険(任意保険)に入ることが一般的になっている。

車の車検を受けると同時に自賠責保険に加入しなければならないが、
250cc以下のバイクなどの場合、車検を通す必要がないので知らない間に有効期間が過ぎている場合があり、注意が必要である。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の支払い限度額は以下の通り

○傷害
 被害者1名につき最高120万円

○後遺傷害
 被害者1名につき障害の程度に応じて最高4,000万円

○死亡
 被害者1名につき最高3,000万円


ちなみに、加害者側になんのミスもなくても被害者側が怪我をした場合、自賠責保険で賠償するのが一般的で、このことを「無過失責任」という。
posted by zatugaku mametatou at 20:18 | 車の保険 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。