車両保険とは

車両保険とはクルマを壊した場合や災害に遭った場合など被害をうけた自分の自動車を守る保険のこと。

保険料は車の種類、年式などを元に、その時の価格(時価)で決められる。なので年数がたてば徐々に保険料も安くなっていく。

車の種類やグレードによって事故率や修理代が違うため、車両、対人、対物、障害の4種類で分けられた料率クラスというものでランクがつけられている。1〜9までのランクがあり、1が一番安く、9が一番高い。各車の事故実績により、毎年料率クラスは変更されているが、基本的にスポーツカーや高級車はランクが高くなる。

保険料を左右するものとして、免責金額というものがあり、免責5万、免責10万となるとその分保険料が安くなる反面、車両保険を使用した際に免責金額分を実費で払わなくてはならない。

車両保険の種類には主に3種類あり、保険料が高い順に、一般車両保険、エコノミー+限定A特約車両保険、エコノミー車両保険がある。

エコノミーは車対車のこと。
posted by zatugaku mametatou at 21:13 | 車の保険 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。