うんちく(薀蓄、蘊蓄、うん蓄)、雑学の意味

うんちくとは、深く研究して身につけた知識、ある分野について蓄えた知識のことをいい、蓄えた知識を語ることを「うんちくを傾ける」と言う。

雑学と同じ意味で使われることも多く、雑学の意味は全体として系統立っていないもので、日常の役に立たないような知識や一般にはあまり知られていない知識のことをいう。
人によって雑学に含まれたり含まれなかったりする。


posted by zatugaku mametatou at 19:47 | 語源・用語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。