各月ごとの誕生石

誕生石について

誕生石とは自分の生まれた月の宝石を身につけると幸運を呼ぶといわれている。

12種類の宝石を各月にあてはめた誕生石の習慣は、1世紀ごろから西洋で行われていたが、ダイヤモンドと真珠は入っていなかった。
現在英米で行われているのは、1912年に米国宝石商組合で決められた後、1952年にアメリカ宝石小売商組合を含め、複数の団体によって改訂されたものが基準となっている。伝統的なものとはかなり違ってきており、国によって誕生石の種類は若干異なる。


1月=ガーネット(ざくろ石)
2月=アメジスト(紫水晶)
3月=ブラッドストーン(血石)
4月=ダイヤモンド(金剛石)
5月=エメラルド(緑玉石)
6月=パール(真珠)
7月=ルビー(紅玉)
8月=サードニックス(紅めのう)
9月=サファイア(青玉)
10月=パール(真珠)
11月=トパーズ(黄玉)
12月=ターコイズ(トルコ石)


となっているが、実際には複数の誕生石がある月もある。
日本は1958年に全国宝石卸商協同組合が制定し、アメリカのものにサンゴ(3月)、ヒスイ(5月)が追加されてる。




posted by zatugaku mametatou at 21:56 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。