厄払い(厄落とし)の方法

厄払い(厄落とし)は、その年の始めや誕生日に神社やお寺で祈願したりお祓いを受けて厄払いをしてもらうことが一般的であり、他に「七五三」、「節分」などの行事がある。

厄払い(厄落とし)に決められた日時はないが、旧暦の2月4日にした方が良いという説もある。
神社に参った際に、普段身に付けている物(帽子、手ぬぐい等)を辻に落とす(捨てる)、お金を落とす、という行為は厄落としになる。

厄年の年齢は精神的・肉体的・社会的な立場においても変化がある年
であると言われ、体調や精神的に不安定になりやすいとされている。

厄払いの贈り物としてうろこ模様の物や肌身離さず持てる長い物が良いとされる。例としてはネクタイ、ベルト、財布など。
posted by zatugaku mametatou at 22:48 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。