厄年とは

厄年について

平安時代の公家(くげ)社会にすでに存在し、江戸時代になり一般の人々に定着した。

陰陽説に基づき、厄難に遭いやすい年齢を割り出したもので、一年間注意深く振舞わなければならない。
厄年は男性の場合、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳で、特に男性の42歳、女性の33歳は一生の「大厄」とされている。

数え年は生まれた時を1歳とし、正月を迎えることで年齢をを1つ重ねるという計算方法。誕生日前なら+2、誕生日後なら+1して計算する。

厄年の時はその前後1年を「前厄」、「後厄」として3年間はつつましく生活したほうが良いとされている。

ちなみに、「大厄である男性の42歳、女性の33歳は語呂合わせで「死に」と「散々」に通じている。
posted by zatugaku mametatou at 19:31 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。