エイプリルフールの由来(起源)

エイプリルフールの由来

毎年4月1日に、害のない嘘をついても良い、という風習のこと。

16世紀の中頃まで、フランスでは3月25日新年とし、4月1日まで祭りを開催する習慣があったが、1564年、フランス国王シャルル9世により、
グレゴリオ暦をいう暦が採用され、新年の始まりは1月1日となった。
これに不満を持った人々が、4月1日を「嘘の新年」として祝宴をしだしたのが始まりと言われている。が正確な由来(定説)はない。

他に、インドでは、春分から3月末まで修行が行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったとする説、古代の神話からきたという説もある。

恒例の祭りとして定着したのは17世紀初めで、日本に伝わったのは江戸時代だったと言われている。

警察や消防署など、騙してはいけない、良識で判断できるタブーはあるものの、人をかついでも良い日とされ、ヨーロッパでは人に無駄足を踏ませるいたずらが多く見られる。
posted by zatugaku mametatou at 18:41 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。