バレンタインデーの由来(起源)

バレンタインデーの由来

聖バレンタインデーの始まりは古代ローマ時代、当時のローマでは2月14日は女神ユノの祝日だった。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある。
毎年ユノの祝日である2月14日の翌日、2月15日から「ルペルカリア祭(豊作・清め・安産の意味を持つ)」というお祭りが行われていた。
当時、若い男性と女性は別々に生活しており、ルペルカリア祭は出会いの祭りでもあった。
ルペルカリア祭の前日に若い女性達は札に自分の名前を書き、桶の中に入れておく。翌日、男たちは桶から札を1枚引き、その札に書いてある名前の女性と祭りの間パートナーとして一緒にいることが定められており、多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、結婚していた。

270年頃、ローマ帝国の皇帝クラウディウス2世が、軍隊強化のためと称して兵士の結婚を禁じた。これに対し、キリスト教司祭だったヴァレンティウスは反対し、密かに兵士の結婚を助けていたが、捕らえられ、2月14日、ルペルカリア祭の前日に処刑されてしまった。

その後、ヴァレンティウスの命日、2月14日を「愛の日」として祝うようになった。

欧米では、カード・花束・お菓子などを贈り、日本では主にチョコレートを贈っている。ちなみに女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本で始まったもので、1958年の東京都内で行われたバレンタインのキャンペーンがきっかけ。

posted by zatugaku mametatou at 18:04 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。