七月の祝日について

七月の祝日の由来

海の日:7月第3月曜日「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
施行日:2001年6月22日


1876年、明治天皇の東北地方巡幸の際に、青森から船に乗り、函館を経由して横浜に入港したことに因み、「海の記念日」となった。
その後、1996年から国民の祝日「海の日」となり、当時は7月20日であったが祝日法の改正により2003年から7月第3月曜日となった。
posted by zatugaku mametatou at 21:29 | 祝日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。