三月の祝日について

三月の祝日の由来

春分の日:春分日「自然をたたえ、生物をいつくしむ」
施行日:1948年7月20日


仏教の彼岸の中日(ちゅうにち)にあたり、天皇が歴代皇族の霊を祭る「春季皇霊祭」として祭日に制定された。

春分の日は太陽が春分点を通過する日(春分日)を天文計算によって求められ、官報に公示される事によって初めて正式に定められる。
たいてい3月20日か3月21日のどちらかになる。
posted by zatugaku mametatou at 21:13 | 祝日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。