一月の祝日について

一月の祝日の由来

元日:1月 1日「年の初めを祝う」 施行日:1948年7月20日

宮中では四方を拝して豊作と無病息災を祈る、四方拝(しほうはい)が一年最初の儀式として行われる。
養老二年(718)の「雑令」ですでに節日になっている。



成人の日:1月第2月曜日
「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」
施行日:2000年 1月 1日


成人を祝う風習は平安時代からあったが、祝日として定められたのは
昭和23年。
現在は1月第2月曜日だが、その前は1948年7月20日に施行された1月15日だった。
posted by zatugaku mametatou at 20:32 | 祝日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。