貧乏ゆすりの由来

貧乏ゆすりについて、
「体をゆすったり、食事のとき足元をゆすると貧乏になる。」
という話は各地で知られており、不必要に体をゆらす行為を貧乏ゆすりという。

細かいことを気にする貧乏性の人が、ささいなことで不安や焦りを感じ、体を小刻みにゆらすことから「貧乏ゆすり」というようになった。という説と、

乞食や飢えと寒さに震える人たちをみて「貧乏ゆすり」というようになった。という説があり、高齢者の中には極端に嫌う人が多い。

posted by zatugaku mametatou at 19:56 | 語源・用語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。