天気予報での降水確率とは?

「降水確率は午後50%」

この50%は雨が降る確率が半々と普通なら思うが、実際は
気象衛星等からの情報を元に、この状態なら雨と予報を出すが、この情報を出したとき、
5回は雨が降るとしている。

要するに、雨が降る確率ではなく、雨という予報の的中する確率のことである。
posted by zatugaku mametatou at 01:19 | 日常生活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。