結婚記念日と年数

結婚記念日とは結婚式を行った日から1年目、2年目と年数を重ねるたびに夫婦でお祝いをするもので、欧米で行われている行事が日本にも伝わったもの。金婚式と銀婚式がとくによく知られている。

1年=紙婚式
2年=綿婚式
3年=革婚式
4年=花婚式、書籍婚式
5年=木婚式
6年=鉄婚式、砂糖婚式
7年=銅婚式、毛織物婚式
8年=青銅婚式
9年=鉛婚式
10年=錫婚式、アルミ婚式
11年=鋼鉄婚式 鋼鉄製品
12年=絹婚式、麻婚式
13年=レース婚式
14年=象牙婚式
15年=水晶婚式
20年=磁器婚式、陶器婚式
25年=銀婚式
30年=真珠婚式
35年=珊瑚婚式、ひすい婚式
40年=ルビー婚式
45年=サファイア婚式
50年=金婚式
55年=エメラルド婚式
60年=ダイヤモンド婚式
75年=プラチナ婚式


と経過年数により呼称があり、年数によっては複数ある場合もある。
その名に通り、紙婚式なら紙製品、綿婚式なら綿製品、革婚式なら革製品を贈り物として夫婦間で交換する。最初は廉価なものから徐々に高価なものに変わっていく。

ダイヤモンド婚式のみ、アメリカでは75年目、イギリスでは60年目という違いがあり、アメリカ式の場合60年目の呼称はなくなる。

結婚記念日は、夫婦間や身内で贈るのが一般的だが、銀婚式と金婚式の場合は他の夫婦の結婚記念日に贈り物をする場合もある。

日本に入ってきたのは明治時代。明治27年には「大婚二十五年祝典」という名目で明治天皇の銀婚式が行われた。
posted by zatugaku mametatou at 21:11 | 日常生活

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは

自動車損害賠償責任保険、略して自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律で、自動車・原動機付自転車の所有者が必ず加入しなければならない損害保険のこと。俗に強制保険と呼ばれている。

自賠責保険は交通事故が発生した場合の被害者の補償の確保を目的としており、対人賠償に限られている。対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、又は歩行者などのことをいい、あくまで他人の傷害・死亡を補償する保険なので、自分の怪我は補償外であり、自分や相手の車の修理代も出ない。

場合によっては自賠責保険の支払い限度額を超え、十分な補償ができないこともある。その超過分を補償するためと、自分の怪我や自分の車、相手の車の修理代などを賠償するために任意の自動車保険(任意保険)に入ることが一般的になっている。

車の車検を受けると同時に自賠責保険に加入しなければならないが、
250cc以下のバイクなどの場合、車検を通す必要がないので知らない間に有効期間が過ぎている場合があり、注意が必要である。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の支払い限度額は以下の通り

○傷害
 被害者1名につき最高120万円

○後遺傷害
 被害者1名につき障害の程度に応じて最高4,000万円

○死亡
 被害者1名につき最高3,000万円


ちなみに、加害者側になんのミスもなくても被害者側が怪我をした場合、自賠責保険で賠償するのが一般的で、このことを「無過失責任」という。
posted by zatugaku mametatou at 20:18 | 車の保険 

車両保険、等級据え置き事故

等級据え置き事故とは通常、事故1回につき3等級のダウンとなるが、通常では避けられない事故が発生した場合のみ、翌年の等級が今年度と同じ等級に据え置かれるもの。

火災・爆発・盗難・台風・竜巻・洪水・高潮・いたずら傷・
飛来中または落下中の他物との衝突(飛び石によるガラスの傷など)

が等級据え置き事故の対象となる。

ちなみに、いたずら傷で凹みを伴ってしまった場合、保険が適用されないため注意が必要。
posted by zatugaku mametatou at 14:10 | 車の保険 

エコノミー車両保険(車対車)について

エコノミー車両保険(車対車)とは名前の通り車対車の接触事故などにのみ補償される車両保険のこと。

相手が車で、かつ事故の相手が特定できている場合のみ、補償の対象となるため、相手が特定されなければ、補償の対象外になってしまうので注意が必要。

補償の対象となるのは二輪自動車、原付との事故までで、自転車は含まれない。

エコノミー+限定A特約車両保険と比べて保険料はおおまかに半額になることが多いが、補償範囲が大幅に限定される。
posted by zatugaku mametatou at 11:44 | 車の保険 

エコノミー+限定A特約車両保険について

エコノミー+限定A特約車両保険とはエコノミー車両保険と限定Aを組み合わせた保険のことで、一般車両保険から自損事故と当て逃げを抜いたもの。

補償範囲が限定される分、一般車両保険と比べてかなり割安になることが多いため、一般車両保険は高いがエコノミー保険では補償が少ないという人や。自損事故と当て逃げの補償はあきらめる、という人におすすめ。

エコノミーは車対車のことを指し、限定A特約の「A」とは、Accident(アクシデント)のこと。

posted by zatugaku mametatou at 11:28 | 車の保険 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。